2017年2月25日 (土)

鞆の浦 その3

前回の続きです。

医王寺から坂を下って港方面に向かう途中に地蔵院があります。

Dsc01495

ここには、日本で唯一といわれる口を開き歯をのぞかせた歯吹観音があります。
ここで参拝し、東に歩いて福禅寺對潮楼へ・・・

Dsc01499


Dsc01498


Dsc01496

仙酔島などを一望できる真言宗の寺院で、福禅寺の客殿です。江戸時代を通じて朝鮮通信使のための迎賓館として使用され、通信使に「日東第一形勝」と称えらた場所です。

この後は、いろは丸事件の際に、紀州藩の宿泊場所として使用された圓福寺へ・・

Dsc01500


Dsc01501

このお寺は、朝鮮通信使の宿舎としても使われたとのことで、句会や歌会の舞台となった古刹とのことですが、現在はかなり荒れた感じになっていました。

この圓福寺に上がっていく途中に多くの猫がいました。

Dsc01502

寒いのかじっとして動きません。

この後、鞆の浦温泉に入ろうとホテル鳳凰亭へ向かいましたが、駐車場が一杯で車を止めることができず、入浴を諦めて帰りました。

一度は訪れたかった鞆の浦を満喫しました。

2017年2月18日 (土)

鞆の浦 その2

前回の続きです。

いろは丸展示館の次に訪れたのは、重要文化財「太田家住宅」です。
江戸時代中期から後期にかけて保命酒屋中村家によって、拡張・増築されほぼ現在の規模になり、明治期に太田家が受け継ぎ現在に至っています。

Dsc01490

敷地内には保命酒の蔵がいくつもあります。

Dsc01488

大広間には特大の雛人形が飾られていました。

Dsc01489

太田家住宅を後にして、江戸時代の民家を改装した食事処「田淵屋」で名物のハヤシライスを頂き、医王寺へ向かいました。

医王寺は、平安時代に弘法大師が開基したと伝えられる寺院です。
鞆の浦ののどかな街並みと美しい瀬戸内海の島々が眺められるスポットとして人気のある場所です。

Dsc01494


Dsc01493


Dsc01492

この後は、地蔵院から国史跡善福寺對潮楼へ向かいました。

次回に続く・・・

2017年2月12日 (日)

鞆の浦 その1

昨日、福山市の鞆の浦へ出かけてきました。
鞆の浦は古い港町で、今でも古い町並みが今でも残っており、美しい日本の歴史的風土100選にもなっています。
また、宮崎駿監督が崖の上のポニョの構想を練った場所としても有名です。
しかし、昔からの道がそのままなので、車で通行するのは大変でした。
 
Dsc01487
 
 
とりあえず、町の中の駐車場に車を止めて、港近辺を散策しました。
駐車場の上にあった鞆の浦歴史民俗資料館からの眺望です。
 
Dsc01484
 
 
万葉の時代から潮待ちとして栄えた鞆の浦の歴史文化を知ることができます。
この後は、港へ向かい、江戸時代の常夜灯を観に行きました。
 
Dsc01485
 
また、鞆の浦は坂本龍馬ゆかりの地で、いろは丸事件が起きたのはこの場所です。
常夜灯のすぐ近くに「いろは丸展示館」があります。
 
Dsc01486
 
ここでは、紀州藩の船と衝突して沈んだ「いろは丸」の引き揚げ物などが展示してあり、また、坂本龍馬が鞆の浦に潜伏していたときの隠れ部屋を再現したものがありました。
次回に続く・・・・

2017年1月28日 (土)

リバイバルスキー

今日は、職場の同僚に指導員免許を持っている人がいるので、その人と広島県民の森スキー場へ出かけてきました。

姫路で勤務していたとき以来なので、3年ぶりのスキーです。

前回のスキーでは急斜面で大転倒してストックが折れ、右肩を亜脱臼するけがをしたので、今回は無理をせず安全に滑ることに徹しました。

滑りを同僚に見てもらいましたが、バッジテスト2級の実力は十分あるとのこと。

スキーも自転車と同じで、一度覚えるとすぐに対応できるものですね。

Img_0149

快晴、積雪150センチメートルの雪質も最高で、絶好のスキー日和でした。

人が少なく、リフト待ち時間もなかったので、短時間で何本も滑走でき、午後2時過ぎには滑りをやめて、近所の温泉に浸かり気分も最高でした!

今回は、同僚の車に同乗したので楽でした。

今シーズンはもう一度滑りに行きたいと思います。

2017年1月 3日 (火)

掘出物

皆様、明けましておめでとうございます!

本年も予定どおり、広島の妻の実家でお正月です。

妻の実家近くの亀崎神社へ初詣に出かけ、その後、妻・娘と義母の希望によりブック・オフへ・・

元旦から女性衣類を半額で販売しているということで、広島八木店へ向かいました。

女性陣が衣類選びをしている間、時間があるので楽器売場を見て回りました。

すると、川田一高さんのギターがぶら下がっているのを見つけました。また、その値段にびっくりです。なんと税込49,800円です!えええ・・・です。

川田一高さんのギターは、大河ドラマ「龍馬伝」のテーマ曲を担当した「いちむじん」の二人も使用しているギターです。

ぱっと見た感じ、擦傷や打痕は見受けられましたが、割れはなく材料もいいものを使っているようでした。専門店だと最低でも税抜き15万円から18万円程度はすると直感しました。

これは超お買い得だと思いましたが、妻に付き合ってギターを買ったなどといったら、お小言を頂くのは必至です。その場は買いたい気持ちを押さえて帰りましたが、帰っても気になって仕方ありません。

翌日、開店に合わせて一人で出かけ、お目当てのギターをチェックしました。
製作年は1985年、モデルは20号のハウザーモデルのようです。当時の価格は20万円で現在の定価で50万円のものです。

細かく見ましたが、ネックは真直ぐ、フレットの減りも全くありません。細かな傷が多いのと変な場所にポジションマークを貼っているのは気になりましたが、思うに、前オーナーさんは、ギターはほぼ素人でギターをぞんざいに扱っていたようです。

レッスン用のギターを探していたので、このギターは最適と判断し、即購入しました。

持って帰るのにケースが必要なので店員さんに聞くとケースは付いていないとのこと。

ケースを付けてもらえないかお願いしたところ、お正月なので、売り物ではないが古いケースであれば無料で付けてくれるとのこと。ラッキー!です。

ちなみに弦を張り直して音を確認しましたが、音量も音も文句ありません。50万円クラスの音がしています。これが税込み49,800円ですから新年早々、いい掘出物を見つけることができました。

Dsc01482


Dsc01483

2016年12月10日 (土)

大山の初冠雪?

先月末にギター講習会で鳥取県大山町へ出かけてきましたが、米子市から大山寺へ向かっている途中で頂上付近に冠雪した大山を見ることができました。

Img_0145

この翌日は朝から雨で雪も解けていました。

来年の夏頃には、大山へ登ってみたいと思います。

2016年12月 1日 (木)

尾道七佛めぐり その3

前回から続きです。

海龍寺を後にし、商店街の中のレストランで昼食を摂り、天寧寺へ・・・

天寧寺は、病気平癒祈願のお寺で、御本尊は釈迦牟尼仏です。

Dsc01469


Dsc01470

国重要文化財である三重塔越しに見る風景は、尾道を代表する絶景として知られています。
この場所からの景色は、平山郁夫画伯にも描かれています。

Dsc01472

天寧寺からひたすら坂を上ると千光寺に続きます。

途中、あちこちに自由猫が・・・

Dsc01473

Dsc01474

千光寺は、開運厄除祈願のお寺で、御本尊は千手観音菩薩です。

Dsc01475


Dsc01476

ここからの眺望は、古来より文人墨客が我が国随一の美しさと讃えたと言われています。

Dsc01477

千光寺から千光寺公園へ回り、坂を下って持光寺へ・・・

Dsc01479

持光寺は、延命祈願のお寺で、御本尊は、阿弥陀如来です。

このお寺で朱印色紙もコンプリートし、御朱印とともに満願成就の印も押していただきました。

Dsc01481

この日は、5時間ほど歩き、充実した1日になりました。











2016年11月25日 (金)

尾道七佛めぐり その2

前回からの続きです。

大山寺を後にして古道を歩き、中国地方屈指の古刹、浄土寺へ向かいました。

浄土寺は勝負に勝つ必勝祈願のお寺です。御本尊は十一面観世音菩薩で、この御本尊は別名「身代わり観音」と呼ばれ、足利尊氏公が武運長久を祈り、湊川の決戦で勝利したことは有名です。

Dsc01466



Dsc01461

国宝の多宝塔です。

Dsc01462

ここへ訪れたときは、秘仏とされる御本尊の特別拝観が行われており、1500円を納めて拝観させていただきました。

Dsc01463


Dsc01464

浄土寺の次は、技芸上達祈願の海龍寺へ・・・

この海龍寺は、浄土寺の塔頭になり、御本尊は、千手観世音菩薩です。

Dsc01467


Dsc01468

海龍寺を後に、尾道の商店街を抜け天寧寺へ向かいました。

次回に続く・・・

2016年11月22日 (火)

尾道七佛めぐり その1

先日、尾道七佛めぐりへ行ってきました。

Dsc01480

尾道七佛めぐりとは、平安の時代から守り抜かれた由緒ある7つの寺をめぐって、開運や病気平穏など7種の御利益をいただくというものです。

ちなみに7佛とは観音菩薩、薬師如来、地蔵菩薩、不動明王、釈迦如来、大日如来、阿弥陀如来を指します。

まずは、健脚祈願の西国寺です。ここの御本尊は薬師如来です。

Dsc01457


Dsc01458

ここで、朱印色紙を購入して各お寺で御朱印を頂くことに・・・

西国寺の次は大山寺へ・・・ここは合格祈願のお寺で御本尊は大日如来です。

Dsc01460


Dsc01459

この後は、古道を通って浄土寺へ・・・

次回に続く・・・

2016年10月22日 (土)

備前焼まつり

先日、4年ぶりに備前焼まつりへ出かけてきました。

前回は、姫路に住んでいたのでJR赤穂線を使いましたが、今回は車で出かけました。

山陽自動車道和気インターを降りると備前焼まつりの案内表示があり、JR伊部駅方面へ向かって行くと、会場から離れた駐車場に誘導され、会場まで少し歩きました。

Dsc01454

前回訪れたときよりは、人が少ないような気もしましたが、それでも賑わってます。

前回は伊部駅周辺にも窯元の販売所がありましたが、今回、駅周辺は飲食店の屋台だけで、私も屋台で作っていた「ひるぜん焼きそば」を頂きました。

Dsc01453

数々の窯元がいろいろな焼物をだしていました。

Dsc01455

今回購入したのは、青備前のマグカップ、普通のマグカップ、コーヒー豆を保存する瓶です。

Dsc01456

今まで、青備前があることを知りませんでしたが、色合いも良かったので購入しました。

«神輿を担ぐ

フォト
無料ブログはココログ